生え際の薄毛対策

生え際の後退、抜け毛は男性型脱毛症によく見られます。男性ホルモンが前頭部の毛乳頭内にある2型5αリダクターゼと結びつくことでDHT(ジヒドロテストステロン)が生成されます。DHTは毛乳頭内でレセプターと結合し、TGF-β1(退行誘導因子)を生成します。

 

毛乳頭内で退行誘導因子が生成されると毛乳頭が萎縮します。その結果、毛母細胞の分裂活動が抑制してしまいます。毛母細胞の活動が弱くなると髪の毛は細くなり、抜け毛が増えてきます。

 

生え際の薄毛対策としては、DHT(ジヒドロテストステロン)の生成を抑制する必要があります。その為には男性ホルモンと結びつく特殊酵素5αリダクターゼの働きをブロックする必要があります。そこで育毛剤やサプリを使用します。育毛剤、サプリを使用することでDHTの生成を抑え、生え際の抜け毛を改善します。

 

 

生え際育毛対策で欠かせないこと
  • 栄養バランスの取れた食事

大豆、お肉などのタンパク質を中心にビタミン、ミネラルを摂る

  • ストレスを溜めない!

ストレスが溜まると血管が萎縮します。ストレスを軽くする習慣を。

  • 適度な有酸素運動を取り入れる

週に数回、10分程度の有酸素運動が心肺能力を高め血行を促進します

  • しっかり睡眠時間を確保する

睡眠は成長ホルモンの分泌に欠かせません。1日6時間は確保しましょう。

  • 禁煙、喫煙を減らす

タバコに含まれるニコチンには血管を収縮する作用があります。

  • 頭皮を健やかに保つ

フケ、炎症は毛穴づまりの原因となり、抜け毛を引き起こします。

 

 

生え際におすすめの育毛剤

 

チャップアップの特徴

育毛剤とサプリメントのセット。30種類の有効成分を配合した育毛剤と20種類の有効成分を配合したサプリメント。血行促進、DHT抑制などの働きで育毛をサポート。

価格 9,090円
評価 評価5
備考 送料働き 30日間返金保証
チャップアップの総評

育毛剤とサプリメントのセット。育毛剤には血流改善作用のあるセンブリをはじめ、炎症を抑制するグリチルリチン酸ジカリウムなど約30種類の有用成分を配合。サプリメントには抜け毛の原因となるDHTを抑制するノコギリヤシをはじめ、タンパク質の合成を促進する亜鉛など約20種類

 

 

 

ブブカの特徴

育毛剤とサプリメントのセット。育毛剤には高濃度M-034をはじめ、育毛に有用な成分をたっぷり配合。サプリメントにもノコギリヤシ、亜鉛などを配合し、育毛をサポート。

価格 11,660円
評価 評価4
備考 送料働き 30日間返金保証
ブブカの総評

褐藻エキスM-034を配合した育毛剤。血流促進、細胞活性化の働きで育毛を促進します。さらにDHTの生成を抑制するノコギリヤシやタンパク質合成をサポートする亜鉛などを配合したサプリメントで内側からも育毛を促進。

 

 

 

薬用プランテルの特徴

有用成分を10種類配合。血流改善作用のある有効成分をはじめ、炎症抑制、抗酸化作用のある植物エキスを配合シ、育毛を促進。

価格 7,800円
評価 評価3
備考 送料無料 30日間返金保証
薬用プランテルの総評

M字対策の育毛剤。ヒオウギエキスで男性型脱毛症の原因となるDHTの生成を抑制。センブリエキスをはじめとする有効成分が血流を促進し、毛髪の成長をサポート。

 

 

 

生え際の育毛対策について

生え際は男性に多い脱毛症です。女性の場合はほとんど頭頂部を中心に全体的に薄くなります。生え際の薄毛対策で皮脂を取ったり、血行を良くするだけでは、なかなか改善されません。生え際の毛乳頭に存在する2型5αリダクターゼと呼ばれる特殊酵素の働きを阻害する必要があります。この特殊酵素をブロックすることでDHT(ジヒドロテストステロン)の生成を減らし、抜け毛を改善します。育毛剤も現在ではかなりの種類がでています。血行促進、細胞の活性化、消炎作用、保湿作用などの働きで育毛をサポートします。生え際に効く育毛剤を選ぶ場合は、それらの働きに加え、特殊酵素5αリダクターゼの働きを阻害する成分が入った育毛剤、サプリメントを使用することがおすすめです。売れ筋の育毛剤には育毛剤とサプリメントがセットになったチャップアップ、BUBKA、フェルサなどがあります。特にノコギリヤシを配合したサプリメントは生え際育毛剤としておすすめでs.

生え際の薄毛治療について

男性型脱毛症の一般的な症状は、だんだん生え際、額が後退していったり、頭頂部の髪の毛が薄くなるなどがよく見られる特徴のようです。育毛剤での薄毛対策ではなかなか効果が出ないことも正直よくあります。

 

 

このような髪の毛の変化の多くは20代前後から始まると最近は言われています。
そして、35歳くらいまでには約40%の男性と女性の頭髪になんらかの脱毛の症状が現れているそうなのです。

 

 

 

 

先ほども紹介した通り、AGAには特徴的な脱毛パターンがあります。
まず、額の生え際部分や頭頂部の髪の毛が少しずつ薄くなっていきます。そしてだんだんと薄毛が進行していくのです。

 

 

さらに付け加えると、AGAが発症する年齢や、AGAの進行の程度に大きな個人差があります。
AGAの発症が早い人では、稀に10代のうちにその症状が現れるケースさえあります。
多くは30代後半くらいから少しずつ抜け毛が増え始めます。額の交代、M字型脱毛の場合は早めに対策をする必要があります。

 

 

このAGAというものは、一般的に遺伝と男性ホルモンの影響から起こっていると考えられているようです。
遺伝は関係ないというわけではなく、AGAにも遺伝という問題が深く関係しているようです。
遺伝の場合、両親をはじめ、母親方の親族に薄毛の人がいる場合に薄毛は遺伝しやすいようです。

 

 

男性ホルモンの影響だということはよく知られていることだと思います。
男性ホルモンの量をはじめ、レセプターの感受性などの体質が遺伝し、薄毛になります。
男性ホルモンが多くてもレセプターの感受性が低い場合、薄毛にならないことも多々あります。

 

 

AGAの症状を正確に早期に発見することが、まず何より大事なことだと言われています。
自分の薄毛症状がどうして起こっているのかが正確に把握できないと、いろんな意味で手遅れになってしまうのでしょう。

 

 

AGAの症状がいま以上進行しないようにするために、専門家に診断してもらうことが良いようです。
そうすればAGAの新たな発症を抑えることができる可能性があります。

 

 

クリニックなどでは男性ホルモン対策でプロペシアを処方しています。
特殊酵素5αリダクターゼの働きを強力に阻害し、DHTの産生を抑制して抜け毛を減らします。

更新履歴